オンライン中国語 & 韓国語会話   info@gotomo.net

ブログ

“晒太阳”为何能增强学习记忆能力? 我国学者发现背后原因

皆さん、こんにちは。

マックスレッスンの劉です

今日は一緒に中国語を勉強しましょう。

————————————————————————————————————————————

“晒太阳”为何能增强学习记忆能力? 我国学者发现背后原因

日光浴で学習記憶力が高まるのはなぜ?中国人学者がその原因を解明

 

适度的阳光照射可以帮助人体合成维生素D,治疗多种皮肤疾病,还能改善人们的情绪和认知。但之前由于研究手段的局限,对日光照射引起与神经系统相关的行为变化的深层机制并不清楚,日光照射皮肤如何影响脑内神经细胞的代谢以及神经环路的功能,一直是个未解之谜。

適度な日光浴は人体のビタミンD合成を促し、さまざまな皮膚病を治療し、さらに人々の情緒と認識力を改善する。しかしこれまでは研究手段に限りがあったため、日光浴が神経系関連の行為の変化を引き起こす深いメカニズムが解明されていなかった。そのため日光浴がいかに脳内神経細胞の代謝や神経回路の機能に影響を及ぼすかについては、これまで謎のままだった。

続きを読む “晒太阳”为何能增强学习记忆能力? 我国学者发现背后原因

韓国語の美しい句:「人生の悲劇」

皆さん、こんにちは。

マックスレッスンの劉と申します。

今日の話題は「人生の悲劇」です。

一緒に韓国語を勉強しましょう。

——————————————————————————————————————————————

인생의 비극은

人生的悲剧,

人生の悲劇は

  続きを読む 韓国語の美しい句:「人生の悲劇」

上夜班更易患糖尿病? 研究人员称连续熬夜有害健康

皆さん、こんにちは。

マックスレッスンの劉です

今日は一緒に中国語を勉強しましょう。

————————————————————————————————————————————

上夜班更易患糖尿病? 研究人员称连续熬夜有害健康

夜勤は糖尿病罹患リスク高める?「徹夜続きは健康に悪影響」の研究結果

 

美国科罗拉多大学博尔德分校研究人员在《PNAS》杂志发表文章称,连续熬夜会打乱一百多个不同的蛋白质的“时刻表”,其中包括与新陈代谢和血糖相关的化合物的内部时钟。

米コロラド大学ボルダー校の研究チームが学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」上に発表した研究論文によると、徹夜が続くと、100種類以上のさまざまなタンパク質が働くための「タイムスケジュール」が乱れやすいという。これには新陳代謝と血糖値の関係に関わるタンパク質の内部時計も含まれている。

报道称,6名年龄不到30岁的健康男性参与了此次试验。

今回の実験は、年齢30歳未満の健康な男性6人を対象に実施された。

続きを読む 上夜班更易患糖尿病? 研究人员称连续熬夜有害健康

韓国語の美しい句:「道」

皆さん、こんにちは。

マックスレッスンの劉と申します。

今日の話題は「道」です。

一緒に韓国語を勉強しましょう。

——————————————————————————————————————————————

스스로에게 길을 묻고 스스로 길을 찾아라.

自己去询问,自己去寻找通往梦想的路吧。

自分に道を尋ね、夢を叶う道を見つけよう

  続きを読む 韓国語の美しい句:「道」

“宅”容易致癌

皆さん、こんにちは。

マックスレッスンの劉です

今日は一緒に中国語を勉強しましょう。

————————————————————————————————————————————

“宅”容易致癌

「ひきこもり」はがんになりやすい?

 

现在,许多人习惯于把大量时间用在以久坐为主的娱乐活动上,如看电视和玩电脑。“宅”在家里一动不动的生活方式在不知不觉给我们带来了诸多的健康问题,是造成癌症、失能和死亡的一个主要潜在原因。

現代人は、テレビ鑑賞やPC接続など、長時間座った状態が続く娯楽活動に多くの時間を費やす傾向が強い。家で全く動かないいわゆる「ひきこもり」のライフスタイルによって、我々の知らない間にさまざまな健康面での問題が生じる恐れがあり、がんや各種機能障害、さらには死をもたらし得る潜在的原因となっている。健康時報が伝えた。

自上世纪90年代初以来,大量的关于身体活动和癌症危险性方面的文章被发表。比如美国临床肿瘤学会(ASCO)研究显示,运动使人远离癌症。美国佛蒙特大学用20年时间研究了17000多位男性患者后发现,经常运动者比不运动者患肺癌的几率低68%,患直肠癌的几率低38%。世界顶级期刊《Cell》证实,运动还能直接杀死癌细胞,缩小肿瘤。《Cancer》:体力活动,可有效改善乳腺癌的生存质量及生存期。

1990年代初め以降、身体活動とがんに罹患するリスクとの関係についての研究論文が数多く発表されている。例えば、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の研究報告によると、運動によってがんに罹りにくくなるという。米バーモント大学が20年間の月日をかけて男性患者1万7千人あまりを対象とした研究を行い、運動習慣がある人はない人に比べ、肺がんに罹患する確率が68%、直腸がんに罹患する確率は38%、それぞれ低いという事実を突き止めた。世界で最も権威ある科学雑誌「Cell」の掲載論文では、運動によってがん細胞を直接撃退することはできないが、がん細胞の縮小が認められたことが紹介された。また「Cancer」誌によると、運動は、乳腺がん患者のQOL(生活の質)の改善と余命の延長にプラス作用を及ぼすという。

这些证据表明,进行有规律的、持续的身体活动能预防某些部位的癌症,比如运动可以减少结肠癌和雌激素相关性癌症(乳腺癌和子宫内膜癌)的发病都是已经被证实了的。可以确定,远离久坐生活方式对于降低癌症的发生是确实有效的。

こうした例をみても、規則的かつ継続的な運動によって特定の部位のがんの発症を予防できることを示している。例えば、運動によって、直腸がんとエストロゲンが関係するがん(乳癌がんや子宮内膜がん)の発症率をかなりの確率で押さえることができる。

続きを読む “宅”容易致癌